オンリーワンの排水処理技術で地球環境に大きく寄与

TOP > 会社情報

お問い合せ

株式会社ソリトン
〒631-0011
奈良県奈良市押熊町2365

>> お問い合せフォーム

会社情報

代表者挨拶

待って 二年間。やっと経済効果実績を開示することができました。
二年前、三年間の実績を開示するか否や悩みましたが、何としても五年間の無汚泥運転を確認致したく、開示を見送りました。
そして今、五年間の経済効果実績を万感の思いを込めて開示させて頂きます。
これまでの経緯は、下段の沿革記載通りで御座いますが、偉そうに企業再生を謳い文句に水処理事業をスタート致した弊社の愚かさを痛感。開発者山本鶴一が病に倒れ、弊社役員は水処理の知識殆ど皆無。弊社関連会社・専門家の方々からご紹介を頂戴するも「日本での実績は」「汚泥が消える、そんな馬鹿な」のお言葉を沢山頂戴致し、御紹介者にご迷惑をかけない様、誠に無念ではありましたが、ご紹介すべて断念致しました。
正しくそんな処から弊社の水処理事業は始まりました。
現在弊社の技術顧問であり、元三菱化学㈱で永年活性汚泥設備の運転指導、トラブル対策を主たる業務とされていた長谷川忠雄氏、永年活性汚泥の設備の管理会社を経営されている㈱オクモト管理サービス代表取締役奥本一夫氏の協力を得、弊社担当役員の技術・知識習得と実験を繰り返す日々の連続。
永年水処理に関わって来られた両氏の見解として、生物処理に於ける①粘性に対する対応力、②糸状細菌の抑制、③脱窒浮上の抑制、④負荷変動に対する対応力、⑤難分解性物質に対する対応力等、活性汚泥法と比較したリバージュプロセスの優位性に驚嘆の声を上げて頂き、随分と励まされたと記憶致しております。
斯様経緯を経て、六年前にリバージュプロセスを導入頂いた黒金化成㈱様より、同社の主力工場である知立工場の排水処理を昨年発注賜り、本年5月に竣工させて頂いたのは冥利に尽きると同時に、感謝の極みで御座います。
そして、今後は水処理に困っておられる国内外の企業様、開発途上国、又近い将来民営化の可能性がある下水処理場等の水処理にリバージュプロセスが採用される様、今後惜しまず精進して参る所存で御座いますので、何卒御指導、ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

平成24年9月吉日
株式会社ソリトン 代表取締役 川畑繁二

企業概要

■会社名
株式会社ソリトン/SOLITON CORPORATION
■所在地
◎本社
〒631-0011 奈良県奈良市押熊町2365番地 >> Map
TEL 0742-48-7816
■役員構成
代表取締役
川畑 繁二
取締役
鎌田 俊幸
取締役
安藤 昇
取締役
川畑 慎一郎
取締役
牧 信介
監査役
那須 真樹
■資本金
80,000,000円
■取引銀行
三井住友銀行 生駒支店

沿革

2000年
リバージュプロセスの開発者である山本鶴一が台湾で12件のリバージュプロセスの実績を作った後、帰国。
2001年
山本氏より弊社に依頼があり、弊社で取り組むかどうかの判断のための技術の検証を行った。
○ 台湾の現地へ確認に行く(ユーザー企業が毎日自動でつけておられる連続データを確認)
○ 三菱化学長谷川忠雄氏、奥本管理サービス奥本社長らに水処理の指導をして頂く
2001~04年
○ 大学での評価/大阪工業大学 石川宗孝教授に意見を伺う。
○ (株)オクモト管理サービスの奥本一夫社長に国内のリバージュプロセスの現場確認
奥本社長より、“これは面白い技術や、絶対にやりなはれ”との意見があり、
奥本社長自らも株主となって頂き、技術と経営の双方で絶大な支援を頂く。
営業活動を始めるも、“汚泥が出ないなんて信じられない。”と当時訪問した殆どすべての会社から無汚泥を信じてもらえなかった。
まずはその高い障壁を取り除くべく、実証実験により処理データを具備し、また万が一余剰汚泥が発生した場合の損害保険を準備した。
 
① 実証実験
大阪工業大学石川宗孝教授より情報を頂戴し、奈良県中小企業技術開発促進補助金制度に応募したところ、思いがけず選考され、大手製パン工場にリバージュプロセス実験機を持ち込み、約8ヵ月間実証実験を行った。
実験結果は、放流基準に到達し、期間中無汚泥を確認。
② 余剰汚泥保険を試行的に構築
万が一、余剰汚泥が発生した場合のリスクマネジメントが可能となった。

ソリトン(SOLITON) 商標登録  商標登録番号4699217

2004年
産業廃棄物中間処理場 株式会社ディシー 排水処理設備成約
奈良県許可取得時、上記の実験により認知度が高まっていたことも成約に貢献。
割卵工場 イフジ産業株式会社関東事業所 排水処理設備成約
実機で5年間余剰汚泥が発生しなければ本物とのことで、継続的に処理状況を観察する。
2005年
特許登録 番号3721345「活性汚泥設備における汚泥の消化方法」
2006年
黒金化成株式会社テクニカルセンター排水処理設備成約

商標登録番号4950800 「リバージュプロセス Riverge Process」

元三菱化学 長谷川忠雄 技術顧問に就任

2006~08年
黒金化成株式会社テクニカルセンターで処理の安定性、汚泥濃度の季節変動など年間を通じた連続データの取得。
同社にて旧設備とのランニングコスト比較表「経済効果実績」作成される。

特許登録 番号4191472 「汚泥、有機性懸濁物質の減容化」

2009年
特許登録 番号4324657 「汚泥の消化方法とその装置」
2010年
リバージュプロセスライセンス契約により名取市学校給食センター排水処理設備 成約
2011年
黒金化成株式会社テクニカルセンターの実績を評価され、同社の主力工場である知立工場排水処理設備 成約
2012年
黒金化成株式会社知立工場 排水処理設備竣工、稼働開始

特許登録 番号5021902 「有機性廃水の処理設備と処理方法」

2013年
ものづくり補助金採択 【汚泥の削減技術の開発】
2015年
生物(有機)処理コンサルティング業務開始
ものづくり補助金採択【排水処理プラントの工期短縮工法開発】
2017年
ものづくり補助金採択【排水処理のリアルタイム遠隔監視システム開発】
ロボット導入実証事業採択【排水処理における水質異常計測作業のロボット化FS】
2018年
高速凝集沈澱分離技術の技術供与を受け無機排水処理市場へ参入
無機処理コンサルティング業務開始
2019年
バチルス菌優先化技術の技術供与を受け事業領域拡張
ものづくり補助金採択【高速凝集沈澱分離技術の確立と排水処理業務受託サービスの開始】